Google Adsenseの収益が、1日で20万越え!!

 
ついに、こんな日が来るとは。

これは瞬間風速的な数字ではありますが、震えが来るくらいびっくりの成果です。

よくトップアフィリエイターの談話などでは目にする数字かも知れません。
でも、実際に自分で体験してみるまでは「シンジラレナーイ」という気持ちがどこかにあるものです。よね。

いまこの記事を読んでいるアフィリエイト初心者の方もみなさん同じだと思います。

でもね、あきらめないで地道にアフィリエイト活動を続けていればこんな日も来る、ということですので、稼げなくてめげめげの人も、長い目で見てがんばってみてください。

調べてみると、ぼくの2009年の年間アドセンス収益が20万でしたから、それを1日で・・すごいことです。

ただ、あくまで瞬間風速で、継続的なものではないんですよね。
今後も精進、です。


さて、詳しいことは書けませんが、自分への備忘録も兼ねてヒントなど。

・使ったのはSeesaaブログ
・ねたは1ジャンルのみに特化
・年に数記事程度の更新頻度
・ただし読む人の役に立つ記事を念頭に書く
・関連性のない他ブログから被リンク(10くらい)を張っておく

ぼく自身、不景気のあおりを受けて転職してからは本業が忙しく、帰宅してもすぐにPCに向き合う元気もないし、PCを立ち上げてもメールやら調べ物やらと他のことをやってしまうし、仕事が忙しければ家ではゆっくりしたいし見たいテレビなどの誘惑もあるしで、結果、上記のようなブログをいくつか更新するくらいがライフサイクルに合っているんですね。

被リンクをたくさん張りすぎても管理しきれなくなるし、時々更新しているブログ同士で被リンクを張っておけば、Googleクローラには見つけてもらえるだろう、ということで良しとしています。

ブログも手間のかからない無料ブログで充分で、アドセンスさえ貼れればSeesaaでなくても構いません。ただSeesaaは1アカウントで複数のブログを作れるので、ジャンルを絞ったブログをいくつか持つには最適、ということはあります。

大事なのは「読む人の役に立つ記事」ということ。

2008年に、ある芸能人のエッチなゴシップねたをいち速く記事にしたら、アクセスが思いのほか殺到し、それまで1日あたり缶ジュース1本飲めるか飲めないか2日で1本か?のアドセンス収益が千円を越えるようになり、沈静化したあとも確実に缶ジュース1本以上飲めるようになった経緯がありました。

今回はそんな経験を踏まえ、もっとアクセスが殺到するであろう記事をしかけられるブログを作り、3年目にしてドンぴしゃり、となりました。
ただ、どのブログも放置直前の低更新頻度だったことは間違いありません。忙しかったですから。

みなさんも、どんな記事なら人は見たいと思うのか、考えてみてください。
技術的なことも必要ではありますが、収益につながる本質はそこにあるのだと思います。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。